アイルランドのケリー周遊路 Ring of Kerryについては、すでに自転車乗り、サイクリストたちに焦点をあてて記事を2つほど紹介しました。

今回は、ケリー周遊路自体について紹介します。

なぜ私がケリー周遊路に行ったかというと、すでに前の記事でも紹介していますが、アイルランドに来る前に、イギリス・ロンドンのB&Bを経営している方から、アイルランドでおすすめの観光地として聞いたからです。

それまでは、全く知りもしない名前でした。

アイルランドのダブリンから、エーランの路線バスでゴールウェイに行き、6月29日にそれから同じエーランでコークに行きました。

コークで宿泊したB&B Auburn Houseで聞いたSt.Patricks Bridgeの辺にあるPaddy Wagon Day Tours社のBridge Street店でケリー周遊路の一日観光バスツアー 「RING OF KERRY Day Tour From Cork」に申し込みました。

Cork St.Patricks Bridge
St.Patricks Bridge  緑色のショップがPaddy Wagon Day Tours

料金は、35ユーロですから、日本円で4000円ちょっとくらいです。

出発は、申し込んだ翌日の6月30日、集合時刻は午前8時20分、集合場所は申し込んだ場所と同じのWagon Day Tours社の営業所です。

当日、指定された場所に午前8時頃行くと、すでにツアーの申込者が集まっていました。

予定通りにバスが来たので、乗り込み私は運良く最前列に席をとることができました。

動画や写真を撮るには最前列が最も良いので、私はいつもこの席を取るようにしています。

ほぼ8時20分ころにバスはスタートしましたが、緑色のポロシャツを着ている運転手兼ガイドの青年は、大変陽気です。途中動画では、ドライバーが変わりますが、白いシャツのドライバーは救援バスの方です。

まず、バスはケリー周遊路の起点となるキラーニー Killarney に到着してトイレストップ。

観光馬車などもある広場のようなところニバスは停車しましたが、なかなかよさそうな街です。

キラーニーを出発して、いよいよケリー周遊路に入りましたが、天気が急変して雨になりました。

Ring of Kerry map

イギリス同様、アイルランドも一日の天気がめまぐるしく変わっていくことで有名です。

雨の中、バスが停まると、そこにはロバと犬を連れた、農民風な男の人がいましたが、これがなんと観光客向けの見世物で、ロバの上には小さな犬、バスケットから子犬を2匹取り出して、上着の両ポケットに子犬を入れてポーズをとるのです。

男の人の前には、箱があり、ここに幾らかのお金をいただくという寸法で、ツアー客の中にはお金を入れる人もいました。

Ring of Kerry Donkey and Dogs

やがて、昼食会場に到着しましたが、駐車する際にこの運転手兼ガイドの方が、やたら重そうにハンドルを回していましたが、ハンドルが故障していました。

そのため、昼食をレストランで取った後、救援のバスがコークから来るまで1時間ばかり待たされる羽目になりました。

この時に、時速100キロメートルで飛ばしていく車の中でサイクリングをしている人をレポートしたのが、
アイルランド ケリー周遊路 Ring of Kerry の命知らずの自転車乗りたち」と言う記事です。

やがて救援のバスも到着して、再びケリー周遊路のバスツアーが再開しました。

天気も回復し、晴天となり快適なバスツアーとなりました。

Lady's View Ring of Kerry
貴婦人の眺め Lady’s View

途中、喜劇王のチャーリー・チャップリンの別荘があったWaterVilleなどを通り過ぎ、高台の海が見渡せる場所で景観を楽しむためにストップしました。

この後、山岳部の絶景ポイントである「貴婦人の眺め」Lady’s Viewや滝 Torc Fallsなどを見て、キラーニーに戻ってきました。

トリップアドバイザー キラーニーのホテル・B&B 口コミランキング

ケリー周遊路もあるアイルランドの現地オプショナルツアー

エクスペディア キラーニーのホテルとB&B 空き室検索と予約

◯ Paddy Wagon Day Tours,
Bridge Street next to St Patrick’s Bridge