アイルランドの首都ダブリンでは、B&B Quince Cottage を予約しました。

アイルランドは、長いイギリスの支配がありましたので、B&Bを含め文化的にもイギリスの影響は大きいものがあります。

例えば、イギリスのホテルやB&Bの朝食にはイングリッシュ・ブレックファストがありますが、ほぼ内容的には同じものが、アイルランドではあいりっしゅ・ブレックファストとして供されます。

B&Bもイギリスのそれとほぼ同じようなものがアイルランドにもあります。

さて、2013年のアイルランド旅行のダブリンでは、ホテルチェーンのTravelodge Rathminesに宿泊しました。

このホテルも広くて、バスタブ付きの清潔なホテルでいいのですが、同じホテルに泊まるのも芸の無い話なので、B&Bがローカルなホテルに泊まろうと思いました。

スポンサードリンク

そこで、例によって、トリップアドバイザーを調べてみました。

トリップアドバイザー・ダブリン

ダブリンの「イン・B&B」でランキングを見てみると、1位が「Beech Lodge B&B」、2位「Quince Cottage」、3位は「Tinode House」でした。

1位から順にメールで空き室を紹介すると、2位の「Quince Cottage」が空き室があるとのことで予約したものです。

ダブリンでホテル、B&Bを予約する上で大事なことは、アクセスが便利であるかどうかです。

ダブリンに限らないことですが、料金、内装、部屋などが良好な宿泊施設でもアクセスが不便であれば催行したほうが良いと思います。

特に、ダブリンは地下鉄が無く、ルアスという路面電車が比較的便利ですが、2路線しか無いので注意が必要です。

2013年に泊まったTravelodge Rathminesも近くに路面電車は走っていませんでした。

それで、仕方なくバス、いわゆるダブリンバスを利用しました。

ダブリンバスもなれると、便利な公共交通機関ですが、なれるまでには少し時間がが必要でした。

市外バスの一番の短所は、降りる場所がわからないことです。初めての場所では、乗客に降りる場所を教えてもらったりしなければならないからです。

ダブリンのB&B Quince Cottage について

Quince Cottageのアクセスは、比較的良い方です。

ダブリンの中心地からは、少し遠いのですが、ルアス(路面電車)の駅から歩いて5分ぐらいのところです。

最初、ダブリン空港からシャトルバスで市の中心部まで行き、そこからルアスに乗り変えて、最寄りの駅で下車して歩いて行くつもりでした。

しかし、Quince Cottageの方とメールのやり取りをしていたら、次のようなアドバイスがありました。

ダブリンの空港ターミナルで,aircoachと言うバスに乗り、ホテルすぐ近くのleopardstownと言うバスターミナルに着いて、電話すればホテルから迎えに来るいうものでした。

この親切な申出に従って、ホテルに行こうと思っています。

Quince Cottageは、4つ星のB&Bで、トリップアドバイザーでも2013年に受賞しています。

いかにもアイルランド風の平屋の建物です。

Quince Cottage Dublin
Quince Cottage

◯ Quince Cottage

Kilgobbin Road,
Sandyford, Dublin 18
00353 (0)1 295 8488