今年の夏7月15日に、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)でハリー・ポッターの世界を再現した「The Wizarding World of Harry Potter(ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター)」がオープンし大人気となっています。

しかし、一昨年、ロンドンでオープンしたWARNER BROS. STUDIO TOUR The Making of Harry Potterについては、日本でもあまり知られていません。

ハリーポッター正門Photo by EG Focus

ここでも入り口のドアを開けると、あの大ヒット映画「ハリーポッター」の世界を体験できます。

このウォーキングツアーでは、映画で使用された実物のセットを見学することができます。

そういった意味では、大阪のUSJよりもハリーポッターマニアには受けるのかもしれません。

まずは、映画でも度々登場する食事などで使用されるホグワーツ魔法魔術学校の大広間のセットです。

ホグワーツ魔法魔術学校の大広間Photo by Ian Lloyd

ずらりと長いテーブルが並び、空中には浮かんでいるローソクが何本もあるあのシーンです。

展示されているのは、実際に映画に使用された小道具や衣装も展示されており、ハリーが映画で実際に着た衣装もあります。

1作目の時に着た衣装ですからまだサイズが小さ目です。

大広間を抜けると、次に「グリフィンドール寮 ハリーの寝室」、「魔法薬学教室」などがあります。

特に「ダイアゴン横丁」の町並みセットは、今すぐにでも映画の撮影に使えるほど、状態は撮影当時のままです。

ハリーポッター ダイアゴン横丁Photo by David Cobb

また、セットだけではなく、口がある本など映画に登場したユニークなキャラクターも多くあります。

ハリーポッター本Photo by David Cobb

「ハリーのほうき」と言う体験施設では、ハリーの衣装を着てほうきにまたがり、緑色の部屋の中で飛び回る演技をすると、風景との合成映像が映し出されます。

まるで、自分が本当にほうきで飛び回っているかのような映像となります。

ハリーポッターほうきPhoto by Ian Lloyd

この自分の映像は、DVDに録画され写真4枚付きで約7,000円で購入することもでき良い記念品となりますので、ぜひ、チャレンジしてみてください。

スタジオの外にでると、ホグワーツの橋や家のセットなどが展示されています。

ハリーポッター屋外セットPhoto by David Cobb

ハリーポッターファンであれば、ロンドンに行った時はぜひ訪れてみてください。

なお、ロンドン発着で「ワーナー・ブラザーズスタジオ」や名シーンのロケ地を周るツアーがいくつもあり、どれも日本語で予約できますので、検討してみてはいかがでしょうか。

ハリーポッター ロンドンから「ワーナーブラザーススタジオ」やロケ地巡りのツアー

◯ WARNER BROS. STUDIO TOUR The Making of Harry Potter

Leavesden Studios, Aerodrome Way,
Leavesden, Hertfordshire WD25 7LS, UK
0845 084 0900

大人 31ポンド
子供 23.5ポンド(5歳~15歳)