イギリスのビールは熱処理をしていなくて、美味しい味を活かすために日本のビールのように冷たくはありません。

秋に向かう季節にも合うビールとも言えます。

イギリスのビールのナンバーワンを決めるイベントが8月にありました。

毎年、6万人に近い人が訪れるのが、「Great British Beer Festival 2014 – Campaign for Real Ale」です。

会場は、Olympia Londonでアールスコート駅の近くです。

会期は、2014年8月12日~16日まででした。

毎年、夏になるとこのイベントは開催されており、会場には各種エール、アップルサイダー、ペリエなど世界のビールが並べられ、本物のイギリス・エールからヨーロッパ・ラガーまで楽しむことができます。

会場の中は、昼間から人がいっぱいです。

500近いビールが参加して、この中からビールの専門家たちがNo.1ビールを決めるということになります。

イギリスのビールだけでなく、世界中からも参加しており、日本からは焼酎の樽で作ったビールでアルコール度は8%と高めです。

今年のナンバーワンとなったビールは、「Timothy Taylor’s」です。

Timothy TaylorsPhoto by Mark Fletcher

実は、同フェスティバルのビールカテゴリーは実に様々あり、総合で1位となったのがTimothy Taylor’sです。

総合とその他のカテゴリーの入賞者は次のとおりです。

◯Overall winners-

Gold – Timothy Taylors, Boltmaker
Silver – Oakham, Citra
Bronze – Salopian, Darwin’s Origin

Salopian
Salopian Photo by wonker

◯Mild category-

Gold – Bank Top, Dark Mild
Silver – Branscombe Vale, Mild
Bronze – Castle Rock, Black Gold

◯Bitters category-

Gold – Timothy Taylor, Boltmaker
Silver – Mighty Oak, Captain Bob
Joint Bronze – Flowerpots, Flowerpots Bitter & Sambrook’s Wandle Ale

◯Best Bitters-

Gold – Salopian, Darwin’s Origin
Silver – Red Willow, Directionless
Joint Bronze – Purity, Mad Goose & Langton, Inclined plain bitter

◯Golden Ales-

Gold – Oakham, Citra
Silver – Hawkshead, Cumbrian Five Hop
Bronze – Salopian, Hop Twister

◯Strong Bitters-

Gold – Church End, Fallen Angel
Silver – Blue Monkey, Ape Ale
Bronze –Loch Ness, HoppyNESS

◯Speciality Beers-

Gold – Saltaire, Triple Chocoholic
Silver – Offbeat, Way Out Wheat
Bronze – Peak Ales, Chatsworth

このように、日本のビールの単純さとは異なり、英国のビールは実に細かくジャンルがあることがお分かりだと思います。

また、ビールは冷やして飲むものだと日本では思われていますが、それぞれのジャンルの飲み方があり、必ず冷やして飲むものではありません。

どのビールもなかなか日本では飲むことができないので、イギリスに旅行される機会があれば、これらのビールをお試しになってはいかがでしょうか。