どんな旅行にかぎらず往復航空券を予約・購入するには、出発と帰国の日程を固める必要があります。

これが具体的になっていないと予約することはできません。

出発のフライト日の検討

今回の2015年イギリス・アイルランド旅行の大きな目的の1つがサウサンプトンでクイーン・エリザベスに乗船することです。

それで、まずクイーン・エリザベスのクルーズの予約を取りました。

2015年 イギリス・アイルランド旅行で豪華客船クイーン・エリザベスのショートクルーズに乗船決定!

クイーン・エリザベスのクルーズは、サウサンプトンから6月13日(土)~6月16日(火)です。

ですから、福岡を発つ日は6月13日16;30分に出港するクイーン・エリザベスに間に合えばいいわけですが、乗船手続きなどありますから、6月13日の午後一番にはサウサンプトンにいる必要があります。

ロンドンからサウサンプトン間は、鉄道で2時間位ですから、6月13日の午前10時位までにロンドンヒースロー空港に到着すれば一応間に合います。

ただ、絶対にクイーン・エリザベスの出港に遅れるわけにはいきませんし、私は従来から予約している交通機関に乗るためには前泊を原則としています。

そうしたことから6月12日はサウサンプトンに前泊となるため6月12日の午前中にロンドンに到着すればいいことになります。

帰国のフライト日の検討

次に、帰国のフライトの検討です。

今回のイギリス・アイルランド旅行は、クイーン・エリザベスのクルーズの他に、アイルランドを旅行することも目的の1つです。

そのため、クイーン・エリザベスのクルーズ下船後は、すぐにロンドンに戻らず、ライなどのイングランド南部を訪れようと思っています。

イングランド南部は、旅行したことがなかったからです。

その後、ロンドンに戻りアイルランドに向かいます。

ロンドン~ダブリン間の往復航空券は、次の通りエア・リンガスをすでに予約しました。

ロンドン ダブリン間の航空券はエクスペディアでアイルランド国営航空エア・リンガスを予約しました。

アイルランド・ダブリンからロンドンへは6月22日に戻ってきます。

折角ですから、ロンドンにしばらく滞在してから帰国しようと思いますので、帰国のフライトは6月25日以降にできればと思っています。

具体的な往復航空券の検索と購入

往復航空券は、できるだけ安いに越したことはありません。

そこで、まず、Googleフライトで福岡~ロンドン間の往復航空券を安い順に表示させました。

出発日は6月11日です。

表示されたのは、安い順に「中国東方航空 892米ドル」、「アシアナ航空」そして「KLMオランダ航空」です。

ただし、「中国東方航空」と「アシアナ航空」は、「30分以上の遅れが頻繁に発生」と表示されており、信頼性に問題がありそうです。

そこで、「KLMオランダ航空 950米ドル」に目をつけました。料金差が100米ドル近くありますが、片道にすると50米ドルで6,000円位ですから、この際目をつぶることにしました。

KLM
KLM Photo by Doug
 

往路は、福岡~ロンドン間は直通便はないので、KLMではアムステルダムで乗り換えとなります。

復路の帰国便ですが、KLMは6月26日(金)にロンドンからアムステルダム乗換で帰ってくる便がありますので、これにします。

つまり、往復のフライトスケジュールは次のようになります。

6月11日(木)
福岡発 10:25 アムステルダム 15:10着
アムステルダム発 16:00 ロンドン 16:15着

6月26日(金)
ロンドン発 9:55 アムステルダム 12:25着
アムステルダム発 14:45 福岡 8:20着(27日)

これを具体的に予約する作業ですが、私は、KILMの公式サイトから予約しました。

しかし、これは英語ですることになります。

LCC(格安航空会社)の予約とは異なり、オプションも少ないのでそう難しいことではありませんでしたが、やはり日本語のほうが楽に予約できます。

これは、後でわかったのですが、実はKLMオランダ航空には日本語サイトがありますのでこれを使ったほうが良いと思います。

私は、福岡からでしたので、福岡空港発のKLMを採用しましたが、別な空港からロンドン間の往復航空券を予約購入するには、別な航空会社になる可能性があります。

その時は、いっそエクスペディアの日本語海外航空券サイトから検索して、そのまま予約・購入するのが楽で良いのではないかと思います。

私は、ロンドン~ダブリン間のエア・リンガスは、エクスペディアから日本語で楽に予約しました。