イギリスの作家、ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス Alice’s Adventures in Wonderland」をベースにした映画、「アリス・イン・ワンダーランド」は、2010年の映画で、ジョニー・ディップやアン・ハサウェイの主演で話題となりました。

この続編で「鏡の国のアリス」を基にした「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」がいよいよ7月1日、ディズニー・スタジオにより公開されます。

前作では興行収入も118億円となりましたが、今回の作品のテーマは時間です。

内容は、ジョニー・ディップ演ずるマッドハッターの失われた家族を取り戻すため、アリスが時間をさかのぼって冒険するストーリーです。

スポンサードリンク

アリスの物語の原点はオックスフォード

オックスフォード大学の教授であった数学者チャールズ・ラトウィッジ・ドジソンが、ルイス・キャロルというペンネームで書いた児童小説がアリス・イン・ワンダーランドです。
学長の娘、アリス・リデルのために即興で作って聞かせた物語と言われています。

オックスフォードには、現在、アリス・イン・ワンダーランドのグッズを売っている「アリスショップ」がありますが、この店には実際にアリス・リデルも訪れていました。
150年も前のこと、アリスはこのショップの道の反対側にオックスフォード大学学長の娘として住んでいて、お菓子を買いにこの店に来ていました。

実際に、「鏡の国のアリス」には、この店が一つの章に出てきます。

アリスショップ Alice Shop
アリスショップ Alice Shop Photo by Andrestand

また、ルイス・キャロルとアリスが、よく遊びに来ていたのがオックスフォード内のテムズ川にかかるフォーリーブリッジです。
この橋のたもとにあるボートショップ、「ソルターズ・スティーマーズ」が物語の誕生に大きな役割を果たしました。

ルイス・キャロルは、手漕ぎの船に乗りながらアリス姉妹に即興の物語を聞かせていましたが、アリスたちはその物語を大変好きになり、「本にして」とルイス・キャロルに言ったことからアリス・イン・ワンダーランドが出版されました。

オックスフォードにはアリス・イン・ワンダーランドの原風景が残っていると言えましょう。

アリスの面影を探すオックスフォードへのロンドン発バスツアー

次のツアーは、オックスフォードとケンブリッジの2ヶ所だけですので、アリスの面影を探してユックリとオックスフォードが体験できます。

このツアーのポイント

  • バス内でWi-Fi利用が無料です。
  • イヤホンガイドでガイドの案内を聞くことができます。
バスツアー名
英国の2大名門大学都市を巡る オックスフォード&ケンブリッジ 日帰りツアー<5月~9月>
集合場所・時間
07:30-08:10ロンドン市内の指定ホテル
08:30ビクトリアコーチステーション エヴァンエヴァンズツアーズ社ツアーデスク
スケジュール
07:30-08:10 ロンドン市内指定ホテル
08:30 現地集合の場合 ヴィクトリア・コーチ・ステーション(Victoria Coach Station)
エヴァンエヴァンズツアーズ社ツアーデスク
オックスフォード散策
ボドリアン図書館
クライスト・チャーチ・カレッジ
ケンブリッジ散策
ため息橋&キングズカレッジ・チャペル見学
19:00 ヴィクトリア駅解散 
料金
大人子供共通(17~59歳)  87ポンド
学生(17歳以上) 82ポンド
シニア(60歳以上) 82ポンド
子供(3~16歳) 77ポンド
幼児 無料
その他
所要時間(送迎含む): 10.5 ~ 11.5時間
開催曜日: 火,土
送迎: ピックアップ付または集合(いずれも無料)が選択できます。
含まれるもの: 入場料/英語ガイド
受付可能日確認と予約はこちら

ロンドン・パディントン駅から行くオックスフォード終日観光

このツアーのおすすめポイント

  • 列車往復チケット付きです。
  • ハリー・ポッターへのロケ地としても有名なクライスト・チャーチへ入場できます。
  • 25名以下の少人数ツアーなのでガイドの説明も楽に聞けます。

バスツアー名
世界の旅行者と巡る☆列車で行く!大学都市オックスフォード終日観光<3月~11月/英語混載ツアー> by City Wonders
集合場所・時間
パディントン鉄道駅 プラットフォーム1番線の大時計下 08:20
スケジュール
08:20 パディンドン駅集合
クライスト・チャーチ・カレッジ (入場)
自由時間
16:00 パディントン駅でツアー解散
料金
大人(15歳以上) 71ポンド
子供(4~14歳)  66ポンド
幼児(0~3歳)  無料
その他
所要時間: 8時間
開催曜日: 月,水,土
送迎: 送迎なし
含まれるもの: 入場料/電車賃/英語ガイド
受付可能日確認と予約はこちら