昨日の午前中は、1974年に住んでいたケンジントン地区のアパート(フラット)付近を散策しました。

40年近く前のアパートの建物はそのまま残っていましたが、周囲の様子は確実に変わっていました。

部屋の窓に面していた病院は、新しい居住施設になっていました。よく行っていた食料品店なども姿を消していました。

昼食には、ウナギを食べました。

ロンドン塔近くの下町情緒がある地域にあるF.COOKEという店です。

ウナギ専門店ではなくて、本来は「パイ アンド マッシュ」というミートパイとマッシュポテトの店です。

メニューにウナギもあるという感じです。

メニュー一覧は簡単で、「パイ アンド マッシュ」、「ホット イール」そして「ジェリー イール」の3つだけ。

イールは、英語でウナギのことです。

「ホットイール」は、熱い緑色のドロッとしたスープの中にぶつ切りのウナギが入っています。

スープの味がうすいのですが、それだけウナギの旨さを感じることができます。ウナギの小骨をとりわけるのが面白い経験です。

「ジェリー イール」は、透明なゼリーの中にボイルされたウナギのぶつ切りが入っているもの。

ゼリーはかすかに酸味を感じさせますが、ウナギの旨さはこちらのほうが優っています。

日本のうなぎの蒲焼等をイメージすると、言語道断の外観、味ですが、これはこれでなかなか美味しいものです。

下町の労働者達のスタミナ源として愛されていたものです。

名物の「パイアンドマッシュ」も食べましたが、素朴なミートパイにウナギと同じドロッとした緑色のスープがかかったものです。

ウナギもパイアンドマッシュも意外と味が淡白で、ペロッと食べてしまいました。

写真や動画もなくてすみませんが、いずれ、このウナギ料理とパイアンドマッシュは、稿を改めて掲載しますので、よろしくお願いします。