6月19日早朝、4時頃に起きてローズマナーホテルの周辺を散策することにしました。

なぜ、そのように早い時間で散歩をすることにしたのかというと、フジフィルムのX100sというコンパクトカメラで写真やビデオを撮るためでした。

本来ならば、前日の夕方にも写真を撮るべきであったのですが、ディナーが8時頃から始まるため、日の暮れるのが遅いイギリスではチャンスを逃してしまったからです。

では、なぜ早朝や夕方に写真やビデオを撮りたがるのかというと、それは光線の具合がいいからです。

日中の写真や夜の写真もいいのですが、夕方や早朝は、太陽の位置、光量などから陰影も変化があり、なかなか雰囲気のいい写真などが撮れると思うからです。

念のために、ホテルには早朝、写真撮影のために外出していいかどうかを確認すると大丈夫ですとの返事はもらっておきました。

Lords of the Manor Hotel Morning

早朝、4時頃に起床して、Kさんと一緒にカメラを持って、早朝の散策に出かけました。

ホテルのレセプションを通って外に出ましたが、スタッフはいませんでした。

コッツウォルズの早朝は、実に清々しく、小鳥のさえずりも聞こえてきて大変に気持ちのいいものでした。

ホテルの前庭を撮影した後、裏庭に回ることにしました。

Lords of the Manor Hotel BackyardLords of the Manor Hotelの裏庭

裏庭は、前庭ほど広大ではありませんが、花なども植えられておりちょっとしたガーデンになっています。

バックヤードの彼方には、アッパースローターの教会や家の屋根なども見えます。

ローズマナーホテルの撮影はほぼ終えましたので、ホテルの外の道に出て行くことにしました。

昨日のフットパス散策では、ホテルの東側を歩きましたので、今回は西側にある丘を登っていく道を歩くことにしました。

Upper Slaughter morning
Upper Slaughter in the morning

この道を歩いて行くと両側にはほとんど家などはなく、緑の牧草地ばかりです。

早朝のせいもあり、車も人も全く通りません。

遠景には、朝もやも出ておりなかなか良い感じの散策となりました。

やがて雲の間から太陽も出てきました。

Uppre Slaughter

皆さんもホテルや旅館に泊まる機会があれば、ぜひ、朝早めに起きてホテルの付近を散歩されることをおすすめします。

できれば、カメラを持っていくことがいいと思いますが、なしでも十分楽しめると思います。

夜明け後の早朝であれば、まず、人通りがあまりなく、静かな散歩を楽しめます。

また、太陽の光もだんだんと多くなり、その変化による風景の変化も面白いと思います。

なかなか朝早く、それも夜明け近くに起きることは大変だと思いますが、それだけの価値はあると思います。

このサイトの動画や写真の撮影に使用している富士フィルム社の高解像度コンパクトカメラ X100s です。デジタル一眼よりも持ち運びに便利で、ハイビジョン動画や高解像度の写真を撮ることができます。
フジフィルム X100sの価格が安い順リスト
 
トリップアドバイザーのコッツウォルズ ホテル口コミランキング

ローズ・オブ・ザ・マナーハウスホテルの空き室検索と予約

下のエクスペディアでコッツウォルズなどの都市名を入力するとホテルの空き室検索・予約ができます。